歯列矯正に用いられる装置として最も一般的なのが「メタルブラケット」です。薄くて丈夫、更に安いのが特徴です。

最も一般的な矯正装置「メタルブラケット」

歯列矯正の矯正装置には幾つかの種類があるものの、最も一般的なものというと、やはり「メタルブラケット」でしょう。

メタルブラケットは歯列矯正に用いられる最も一般的な装置で、おそらく「歯列矯正」と聞いて多くの人がイメージするものだと思います。

銀色をしたメタルの装置に見覚えのある人は多いはずです。

メタルブラケットは歯の表側に接着して使用され、唇側矯正・頬側矯正とも呼ばれるいわゆる一般強制に用いられる装置です。

白い歯の上で銀色の装置はどうしても目立ちやすいというのが大きな難点ですが、他の装置に比べて、メタルブラケットは薄くて丈夫という特性があります。

さらに、他の装置を利用した歯列矯正に比べると、治療費用を比較的安く抑えられるのがメリットといえるでしょう。

見た目にはこだわらないけれど、できるだけ治療費や安く抑えたい、また、通院する回数をできるだけ減らしたいと思っている方にはオススメです。

ただし、金属アレルギーの方には使用は向かないので注意しましょう。

もし金属アレルギーの心配がある場合は、事前に皮膚科などに行き、アレルギーテストを受けてから歯科医に相談するとよいでしょう。

また、装置を装着してすぐの段階では、口の中に違和感や不快感を感じることも多く、その結果、口内炎になることもある点もお忘れなく。

違和感は一週間もすると徐々に慣れてくるはずです。

装置装着後は、虫歯にならないように、歯科医師の指導のもと、適切な歯磨きを行い、口の中を快適に保つことも重要です。

【参考】これでわかる!矯正のいろは

http://www.goodwatermusic.com/